スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    SOUL'd OUT LAST LIVE "0" レポpt.3(ライブ編)

    • 2014.07.25 Friday
    • 20:06
    pt.3はライブ編その2です。

    会場が暗くなり、"0"のために作られた壮大なオープニングが鳴り響く。
    これまでのツアーでいくつかツアー専用のオープニングがあったが、"0"のはこれまでにも増して壮大だ。

    ステージには幕が下りている。
    オープニングが終わるとUnIsongのイントロが!!!!
    UnIsongのイントロと同時に幕にライトが当たりメンバー3人のシルエットが浮かび上がる。
    沸き起こるとてつもない歓声。
    Cru全員が掲げるLPSサイン。
    始まる・・・ラストライブ・・・!!


    【セットリスト】

    1.UnIsong
    2.TOKYO通信〜Urbs Communication〜
    3.TONGUE TE TONGUE
    4.バナナスプリット
    5.Magenta Magenta
    6.HUNTER
    7.ルル・ベル
    8.and7
    9.SOUL'd OUT is Comin'
    10.Twilight Twilight
    11.COZMIC TRAVEL
    12.輪舞曲
    13.円卓の騎士
    14.SHUFFLE DAYZ
    15.STEALTH 〜 HBB
    16.scribbles
    17.VOODOO KINGDOM
    18.1,000,000 MONSTERS ATTACK
    19.Sticky69
    20.S.O Magic 2
    21.Hoochie Coo Baby
    22.MARTIAN MARTIAN
    23.Flyte Tyme
    24.Sweet Grrl パイセン
    25.SUCK MY ART
    26.ALIVE
    27.BLUES
    28.Love, Peace & Soul
    29.MEGALOPOLIS PATROL
    30.ウェカピポ
    31.Dream Drive
    32.To All Tha Dreamers
    33.GASOLINE
    34.Dear My Cru

    EN 1.GROWN KIDZ
    EN 2.SUPERFEEL
    EN 3.Starlight Destiny


    ここからは一曲ずつコメントしていこうと思います。
    コメントできない曲もあるかもしれません。


    【UnIsong】
    始まりはこの曲だった。
    SUPERFEELing LIV3でもこの曲から始まった。
    この曲のイントロは一発目の曲にふさわしい。
    アウトロのDiggyのピアノはみんな真剣に見守る。

    【TOKYO通信 〜Urbs Communication〜】
    Diggyの口から"TOKYO通信"というのを生で聞いたのは初めてだ。
    大阪通信、京都通信、神戸通信しか聞いたことがなかった。

    【TONGUE TE TONGUE】
    この曲はATTITUDEツアーで初めてやって以来かなりの確率でやっている。
    かなり盛り上がるしみんな大好きに違いない。
    手をグーにするのを忘れずに。

    【バナナスプリット】
    これも近年よくやる曲。
    最初のDiggyの「エム アイ スィー↑↑」が好き。
    たしか北海道で生まれた曲だったかな。

    【Magenta Magenta】
    人気の曲。
    ライブVer.のラストの終わり方はかっこいい。

    【HUNTER】
    やはりやったか。
    お決まりの"シャガメー"。
    Diggy「新木場がS.O Cruでパンパンだぜー!!」
    Cru「うぉー!!!!!!」
    Diggy「まだまだまだー(笑)」
    Diggy「焦んなよ〜」
    最後の"シャガメー"。
    しっかりとシャガんだ。
    中盤のDiggyパートでDiggyがステージから足を投げ出して座り込んだ。
    ツアー2003のように。
    おそらく最前列の人たちとタッチしていたと思う。
    そのあとのHiパートでもHiが同じように座った。
    Hiはおそらく一人の人を見つめ続けて歌ってたと思う。
    いつかのライブでもやってた。

    【ルル・ベル】
    "3,2,1"ツアーから引き続き"0"でも。
    曲紹介でお尻を叩く仕草は無かったと思う。

    【and 7】
    これを聞けるのは貴重だと思う。
    戦天ツアーラストのような演出は無かった。

    【SOUL'd OUT is Comin'】
    初期の曲をやってくれるのはうれしい。

    【Twilight Twilight】
    「To From」からの曲一曲目。
    かなり好きな曲。
    サビのリズムが心地いい。

    【COZMIC TRAVEL】
    これのイントロがかかったときのCruの盛り上がりが毎回すごい。
    Cruみんなで「クリストファー・コーロンブーッス!!!!!!!」
    みんなでコロンブスの名前を叫ぶという(笑)

    【輪舞曲】
    SUPERFEELing LIV3からまぁまぁな頻度でやるイメージの曲。
    ラストサビ前のDiggyパートが好き。
    今回はフルで聞けた。

    【円卓の騎士】
    輪舞曲からの円卓の騎士。
    Diggyのラップが初っ端からすごい。

    【SHUFFLE DAYZ】
    今回も途中からPt.2になるVer.

    【STEALTH 供 HBB】
    CD音源のSTEALTH 兇箸楼磴辰織▲譽鵐検
    STEALTH 兇鯤垢のは2回目。
    そのままHiのHBBタイム。
    相変わらずすごいテクニック。
    このHBBを生で見れるのも今日が最後。

    【scribbles】
    Diggyの語りの前まで。
    HiがCD音源通りのHBBをやる。
    すると、スタッフが数人ステージへ。
    左後方の四角い物体を動かすとドラムセットが!!
    ピアノも出てきた!!
    ここからバンド形態のようだ。
    ラストなのにバンドじゃないのかと思ったらこういう演出だったのか。

    【VOODOO KINGDOM】
    お決まりのDiggyのピアノからスタート。
    3本の指入るぐらい好きな曲。
    本当にかっこいい。
    最後はLPSサインじゃなく、親指、人差し指、小指を立てるサイン。

    【1,000,000 MONSTERS ATTACK】
    ポゥ!!!!
    アッ アオ アッ アオゥ アッ アオゥ アッ アッ アッ アオゥ アアアアアアア アオゥ アオゥ ワッ!!

    【Sticky69】
    バンドVer.はすごくかっこいい。
    "3,2,1"ツアーで初めて生で聞いて感動したのにバンドだとさらにすごい。
    直で「リカから何気なく〜♪」から始まった気がする。
    最初の"ジャージャーン"が無かった気がする。

    【S.O Magic 2】
    レスポンスするのが楽しい曲。
    Diggyピアノ弾いたっけ?

    【Hoochie Coo Baby】
    Diggyのピアノテクニック炸裂。
    なぜかライブではあまり盛り上がらない気がする。
    Hiの「笑っちゃうのさ」でHiがニカッ☆って笑った。

    【MARTIAN MARTIAN】
    みんなで"マーシャマーシャン!!」

    【Flyte Tyme】
    ここでバンドメンバー紹介。
    今回はPop n' Topではない。
    ピアノ:JUNKOO
    ドラム:アーミン
    ギター:知念さん
    ベース:みったかさん
    みったかさんが紹介されたときにCruに向かってお辞儀してたらDiggyが「(ベースを)弾け弾け(笑)」
    みったかさんがムキになって弾いたらDiggyが爆笑。
    輪舞曲からの繋がりでやることが最近は多かったから新鮮。

    【Sweet Grrl パイセン】
    かなりの人気曲。
    CD通りDiggyは裏声を使っていた。
    解散が決定してからもこんな曲を作れるSOUL'd OUT。

    【SUCK MY ART】
    To Fromからの曲が続く。
    最初の「チェック チェック ダブル チェック ザ シチュエーション」は今回も強く言っていた。
    そのときにダブルの意味でピースサインを出してた気がする。
    サビのあのリズムと言葉遊び。
    さすがはDiggy、さすがはSOUL'd OUT。

    【ALIVE】
    やらないわけがないと思っていた。
    最初の英単語部分をCruみんなで言いたかったところだが言ってる人が少な目だった。

    【BLUES】
    しんみり。
    落ち着く。

    【Love,Peace&Soul】
    きた。
    サビの歌詞が好きだ。
    手はゆっくり横振りだったような。

    【MEGALOPOLIS PATROL】
    落ち着かせにきたのかと思ったらここでこの曲。
    武道館で初披露だったかな。
    再び会場に熱気に包まれる。

    【ウェカピポ】
    今まで行ったS.Oのライブすべてで聞いたと思う。
    初期のころはセットリストの最初のほうに組んであったが、近年は最後のほうに組み込まれる。
    これがくるともう終わりが近づいていると感じる。

    【Dream Drive】
    これもセットリスト後方に組まれる。
    「いつの日にか〜♪」みんなで歌う。
    大阪での限定ライブVer.はすごくよかった。
    みんなで「フライドポテト!!」も忘れずに。

    【To All Tha Dreamers】
    きてしまった。
    終わりたくない。
    ライブで最も歌っている曲とメンバー本人も言っている。
    この曲からCruになった人も多いと思う。私もその一人だ。

    【GASOLINE】
    やはりきた。
    TATDからのガソリンは最近の鉄板。
    今回もDiggyの狂いっぷりはよかった。
    何かハプニングが起きてしまわないか心配になる。
    この曲が来たら次は・・・

    【Dear My Cru】
    Diggy「お前らに最高のラヴソングを・・・」
    曲中Cru全員がLPSサインを・・・
    ・・・その手を空に高く掲げる・・・。
    動かずに。
    DiggyもHiも歌い辛そうだった。
    SOUL'd OUTからの歌に込めれたメッセージをしっかりと受け止めようと聞き入った。
    アウトロが繰り返し続く。
    ステージ頭上から大量のスモークが降りてくる。
    スモークに包まれるステージ。
    メンバー、バンドメンバーがいなくなる。
    ここで一旦ライブが終了する。
    この曲のコメントを書きだした瞬間にシャッフルにしていたiTunesからDear My Cruが鳴りだした。感動。

    ハレロコールが起こる。
    途中から揃ってきた。
    コールが起こるのが早すぎる気もした。


    アンコール
    【GROWN KIDZ】
    まさか聞けるとは。
    ATTITUDEツアー以来だ。
    もう聞けないと思っていた。

    【SUPERFEEL】
    "3,2,1"ツアーに引き続きアンコールに組まれた。
    Hiが言葉に詰まっていた。
    歌詞を一か所間違っていた。
    泣いていた。


    ここでMC。
    Diggyしかしゃべっていない。
    私が覚えている範囲で書こうと思う。
    言葉のニュアンスが違う部分もあると思う。
    順番は正確ではない。
    言った言葉すべてではない。

    Diggy MC
    「あんまりリップサービスとか好きじゃねぇし言いたくねぇんだけど・・・
    ・・・愛がどうこうとか言いたくねぇんだけど・・・
    ここ数年・・・、ここ5,6年、SOUL'd OUTがライブする各会場が温かい愛に包まれていて感謝している。」

    「11年半全身全霊でやってきました。
    貫いたからこそ"これでよかったんだ"と実感できたこと・・・
    貫いたがゆえに失ったもの・・・」

    「これからは各々の道を進んでいきます。」

    「SOUL'd OUTがライブをするのは今日が最後です。」


    終始うつむきかげんで、ボソボソとしゃべる感じ。
    Cruの泣く声が聞こえる。
    Cruがいろんな言葉をかける。
    それぞれの想いを。
    HiとShinは一言も発せず。
    「Hi、Shinちゃんなんかしゃべってー!!!!!!!!!!!!」と言ったCruもいた。
    確かに何か話してほしかった。

    「SOUL'd OUTがライブをするのは今日が最後です。」

    この言葉で泣いた。
    涙をダラダラ流して泣いたのは数年ぶりだ。
    それまでは単純にライブを楽しんで盛り上がっていたけど、Diggyのその言葉で"ラスト"を強く実感し、これまでいつもS.Oといっしょだった自分の人生を一瞬振り返ると、込み上げてくるものがあった。

    そして本当に本当に最後の曲へ・・・


    【Starlight Destiny】
    最後はこの曲だ。
    最後にふさわしい一曲だ。
    冒頭で金色のテープが放たれた。
    CruはみんなそれをLPSサインに絡めてハンズアップする。
    私は泣いていた。
    泣いていてリズムをとれない。
    曲が終わる。
    Cruの大歓声。
    感謝の言葉。
    「ありがとう」
    S.Oは動かない。
    ステージが暗くなる。
    SOUL'd OUT3人にのみ薄暗いスポットライトが頭上から当たる。
    Diggyが左手をゆっくりと上げる。
    LPSサインをゆっくりと上げる。
    上げきったおよそ2秒後、幕が頭上からストンッと落ちた。
    LPSサインを掲げるDiggy-MO'
    まっすぐに立つBro.HiとShinnosuke
    これが最後のSOUL'd OUTの姿だった。

    LAST LIVEはまだ終わらない。
    scribbles後半のDiggyの語りが始まる。
    と同時に幕にscribblesのDiggyの語りの日本語訳が投影される。
    Diggyの声を聞きながら、投影されたscribblesの訳をみんな見つめる。
    それが終わるとDear My Cruが始まった。
    幕には何も投影されていない。
    ちらほらとLPSサインが上がる。
    Dear My Cruが終わり、SOUL'd OUT最後のライブ"0"が終わった。

    あの場にいれたことは本当に誇りに思う。
    SOUL'd OUTは解散したが、Cruの心の中では永遠だ。
    これからも曲は聞き続けるし、死ぬまで一生Cruだ。
    すばらしい才能とテクニックを持った唯一無二の黄金のトライアングルは不滅だ。
    これほど愛し、追いかけ続けたいと思うアーティストは今後一切現れないと思う。
    昔よく「ジャンルは何だ?」という疑問文を見た。
    SOUL'd OUTは"SOUL'd OUT"というジャンルだ。
    どこにもおさまらない、常に新たなサウンドに挑戦し続け、革新的でクセになるメロディを生み出し続けてきた。
    それが人々の心を掴んだ。
    しかし、それももう無い。
    "今度はどんなサウンドを聞かせてくれるのか"
    "どんな言葉遊びを見せてくれるのか"
    "ライブではどんなパフォーマンスになるのか"
    いつも楽しみにしていた。
    そんな楽しみがあったからこそ日々を乗り越えて来れた。
    その楽しみが無くなった今、なにを糧に生きればいいのか。
    他のアーティストをS.Oほどに好きにはなれない。
    無理やり好きになることもできない。
    SOUL'd OUTが解散してもSOUL'd OUTのサウンドは生き続ける。
    これまでのように、壁にぶつかったときまた力を貸してくれるだろう。
    いつもCruのそばにはSOUL'd OUTがいる。
    それは忘れてはいけない。
    私自身もその想いを胸に日々を生きていく。



    自分で書いていて「俺は何を書いてるんだ(笑)」と思った(笑)
    でもこれが今のSOUL'd OUTに対する率直な正直な想いだ。
    嘘偽りない想いだ。


    あとは演出的なことでは、
    ライティングがすごかった。
    さすが映像作品化を前提とした公演だと思った。
    Cruに向けたライティングがすごかった。
    こんなのは初めてだ。

    会場が横に広くて驚いた。
    DVDで何回も見てるのにそんな感じはしなかった。
    後方に階段があり高くなってるのは良いと思った。
    ステージが低いのではないかと感じた。
    あんなに見えなかったのは初めてだ。


    ロビーには花束が届いていた。
    m-flo、BENNIE K、TSUYOSHI、May J、荒木飛呂彦、accessなど。
    雑誌社や事務所からも来ていた。
    Cru一同というのもあった。

    水をもらって会場を出た。
    ライブ友達とは新木場駅で別れた。
    またいつかのライブで会うことを約束して。

    東京駅へ向かった。

    レポpt.3はここまでにします。
    今回は真剣にライブレポを書けました。
    SOUL'd OUTのライブレポもこれが最後か・・・。
    さみしい・・・。





    Starlight Destinyで放たれた金色テープ。
    宝物だ。

     

    スポンサーサイト

    • 2014.07.28 Monday
    • 20:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      はじめまして。 ありありさんからこちらをご紹介いただき、ラストライブのレポを読ませていただきました。ありがとうございますm(__)m

      私はラストライブへ行けませんでした(;_;)
      ずっとライブへ行けていたのに最後に行けないなんて(;_;)神様は意地悪です(;_;)ラストライブ当日は落ち着きなくすごしていました(;_;)

      REIVENさんのレポは行けなかった私にとって、とても有難いレポでしたm(__)m私はDVDが出るまで待てませんし、生で感じたことを聞きたいのです。同じCruが感じたことを聞きたいのです。それは、DVDでは感じられないことかもしれません。

      貴重なレポをありがとうございますm(__)m
      • とけい
      • 2014/07/27 7:34 PM
      ☆とけいさん

      初めまして。コメントありがとうございます。
      S.O Cruなら誰もがあの瞬間あの会場にいたいと思いますよね。
      チケ番が4桁で悪かったですが、行けただけで満足しないといけませんね。
      仕事を休んで京都から行けたこと幸運に思わないといけません。

      私の拙いレポがとけいさんにとって有益なものとなったのならばレポを書いた甲斐があります。
      ありがとうございます。
      • RAVEN
      • 2014/07/27 10:56 PM
      あの新木場のラストライブから3週間以上過ぎてしまいました、、、
      やっとRAVENさんのブログを読みに参りました!
      \(^o^)/
      いつ読んでも詳細なレポ!
      RAVENさんのS.O愛も伝わってきましたよ!
      ライブの前後の東京散策編もたいへん面白く読ませていただきました。
      計画的かつ精力的に行動してますね!
      目黒にも行ったのね?(笑)
      Hiくんが書いてたEdge Playerのブログにも
      目黒のお店や神社が何回か登場してます。
      あの辺の高級住宅地に住んでるんじゃないかな?(笑)
      目黒はS.O Cruにとってのホットスポットです!
      また、レポを楽しみにしますね。
      いつか、、、

      • ありあり
      • 2014/08/11 2:55 PM
      ☆ありありさん

      こんにちは。
      ありがとうございます^^

      全然詳細ではないですよ^^;
      あとから読んでみると、曲のコメントはレポと言うより個人的な感想になってますから。
      滅多に東京なんて行けませんから行けるだけいろんなところに行きました。
      何回電車に乗ったことか(笑)
      でも運賃が安い!!
      目黒はスカイツリーがあると勘違いして行ってしまいました(笑)
      駅を出るとスカイツリーがドーンとあると思ってました。
      ほ〜、目黒ってHiが活動してる場所なんですね。
      知りませんでした^^
      またレポを書くことができればいいですが・・・
      どうなるか。
      Diggyがソロで関西に来れば・・・
      その時は・・・。

      そうそう
      解散ライブ終了後、コインロッカーの前にお仲間さん達といっしょにおられましたよね?
      私その2m前にずっといたんですよ。
      • RAVEN
      • 2014/08/13 5:29 PM
      はい。ロッカーでたむろってました。
      仲間のおば、、いや、お姉様たちと(笑)
      見られてたのですね。
      声をかけてくだされば。
      って、かけにくいですね(笑)
      • ありあり
      • 2014/08/13 10:13 PM
      ☆ありありさん

      なかなか声かけにくいです^^;
      数人のグループでおられたので。
      そのグループの中にいた一人の女性がSUPERFEELing LIV3@神戸で見かけたことある人でした。
      どうでもいい話ですけど(笑)
      • RAVEN
      • 2014/08/13 11:14 PM
      あー、エリザベスさんのことですね!
      o(^▽^)o
      • ありあり
      • 2014/08/17 9:00 PM
      ☆ありありさん

      あの方がエリザベスさんですか^^
      いつもありありさんのブログでお名前を拝見する人ですね。
      • RAVEN
      • 2014/08/18 7:46 PM
      もう今はこのコメントを見ることはないかも知れませんが、
      約3年越しにこのブログを見つけて読み、自分でもビックリしているので
      つい、コメントさせていただきました。

      私は旧厚生年金会館の時にDiggyキャップを一緒に買った、当時高校生だった者です。
      そうです。ライブ友達です。

      ライブレポートをよく読むと自分が当時新木場で体験したことと同じことが書かれていたので
      今になって本当にビックリしております。

      最近は仕事もありDiggyのライブにも中々参加できておりませんが
      またどこかの会場でお会いできたらと思います。
      • 大阪クルー
      • 2017/03/10 1:03 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM